前へ
次へ

まるで食べ物のメニューみたいに石川県の賃貸物件探しを私に頼っていた友人

友人はもともと優柔不断なところがあるので、どこかご飯を食べに行っても、そこでメニューがなかなか決められないような人です。遊びに行くときも、どこに行くかは私がいつも決めていました。だから今回、石川県の賃貸物件を探して決めるのも、私に頼ると最初から思っていたようです。昔とまるで変わらない友人を、何だか愛しく思います。そんな友人ですが、洋服を買う時だけは自分の意思ですぐに着ていました。逆に、私が友人に洋服を選んでもらっていたくらいです。友人はやはり、ファションのことに関してはしっかりと芯の通った考え方をしているようです。だからこそ、長年住み慣れた地元を離れて単身でいきなり石川県の賃貸物件へいけるのでしょう。

top用置換

top用置換2
Page Top